シュワブ陸上案の問題点指摘=前原沖縄相(時事通信)

 前原誠司沖縄・北方担当相は19日午前の閣議後の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)のキャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市)への移設案について「陸上案はかなり前に調査されて消えた案だ。(米軍の)射撃訓練の移転や、(ヘリコプターが)民家上空を飛ぶことをどうクリアしながら考えるか」と問題点を指摘した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜

首相動静(2月19日)(時事通信)
振り込めグループ6人逮捕=46都道府県、400人被害か−奈良(時事通信)
<クルーズ船>世界最大級「クイーン・メリー2」が長崎寄港(毎日新聞)
邦夫氏が質問評価=首相実母からの資金提供−与謝野氏(時事通信)
輿石氏「正三角形のかたちで歩んでいかねば」(産経新聞)
[PR]
by rsbzf6mtpb | 2010-02-21 15:59


<< 厳冬の避暑地、誘客へ秘策 山梨... <交通事故>横断中はねられ小2... >>