石炭じん肺訴訟、国に賠償命令=消滅時効認めず−札幌地裁(時事通信)

 北海道内の炭鉱で働き、じん肺になった患者や遺族が、国に対し1人当たり1150万円の賠償を求めた新北海道石炭じん肺訴訟第3陣のうち、国が損害賠償請求権の消滅時効を主張した15人(4人死亡)に対する判決が26日、札幌地裁であった。中山幾次郎裁判長は消滅時効の経過を認めず、1人当たり477万〜917万円を支払うよう国に命じた。
 原告15人について、消滅時効(3年)の期間が経過しているかが争点となった。 

【関連ニュース】
マスク備蓄プロジェクト始動=石綿被害防止でNPOなど連携

「TOKYO1週間」など休刊=講談社(時事通信)
子ども手当法が成立=民主主要施策で初、6月から支給(時事通信)
<台風1号>フィリピン東海上で発生(毎日新聞)
岡田外相、ミャンマー軍事政権に遺憾表明(産経新聞)
鳩山邦氏の離党届受理=自民(時事通信)
[PR]
by rsbzf6mtpb | 2010-03-31 04:38


<< <仙谷担当相>首相官邸内に執務... <掘り出しニュース>チャペルは... >>