<無賃乗車>JR東海社員が近鉄線で…IC乗車券の記録消す(毎日新聞)

 JR東海の社員7人が、三重県桑名市の桑名駅に通勤する際、JR西日本のIC乗車券「イコカ」を使い、近鉄線で無賃乗車を繰り返していたことが分かった。

 無賃乗車の期間は08年8月〜今年2月まで。不正回数は計258回で、不正総額は10万3300円。社員1人あたりの不正回数は、最高108回、最低4回。

 イコカは、関西地区の私鉄とJR各社を利用できる。桑名駅は近鉄とJRの総合駅で、社員7人は、まずイコカで近鉄線に乗り、桑名駅でJR東海管内の駅で利用できる業務用パス「職務乗車証」を使ってJRの改札で降りるか、そのまま職場に出向いていた。イコカには乗車の記録が残るが、7人はJRの窓口内にある処理機で記録を消去し、運賃を支払っていなかった。JRが処理機を調査し、不正が発覚した。

 JR東海は、近鉄に謝罪し、全額を賠償した。7人をすでに社内で処分したとして、不正を公表していなかった。【黒尾透】

【関連ニュース】
キセル乗車:神奈川労働局長を懲戒処分
キセル乗車:相鉄が車掌解雇 定期券の入出場記録不正操作
キセル乗車:神奈川労働局長、通勤で 懲戒処分に
不正乗車防止システム
元相模鉄道車掌のキセル:「管理に緩み」謝罪 後輩駅員も処分へ /神奈川

ワタミとモンテローザが和解 「著書での“中傷”」めぐる損賠訴訟(産経新聞)
堺市議5人も“橋下新党”へ(産経新聞)
<無登録営業容疑>未公開株販売の元社長ら逮捕 警視庁(毎日新聞)
<大阪市議補選>橋下新党の候補者内定 女性の会社役員(毎日新聞)
平城遷都1300年祭 メーン会場、収容力不安も(産経新聞)
[PR]
by rsbzf6mtpb | 2010-04-24 05:41


<< デリヘル事務所に強盗 店長けが... 石原都知事 新党の発起人に 手... >>