「罷免は沖縄を切り捨てること」 福島氏、鳩山首相を批判(産経新聞)

 普天間飛行場移設問題をめぐる政府方針への署名を拒否して罷免された社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は28日夜、記者会見を開き、「沖縄を裏切ることはできない。数々の犠牲を払った沖縄に負担を強いることに加担することはできない。私を罷免することは沖縄を裏切り、切り捨てることだ」と述べ、福島氏を罷免した鳩山由紀夫首相を強く批判した。

 また、社民党の連立政権離脱を含む今後の対応については、「30日の全国幹事長会議で十分議論して決める」と述べた。

【関連記事】
鳩山首相、福島消費者・少子化担当相を罷免
「受け入れがたい中身。サインするわけにいかない」社民・又市氏
閣内バラバラ、今度は平野氏が北沢氏を批判「不規則発言だ」
共同声明に社民混乱「何が地球を守る政治だ」
「離脱是非は30日に判断」福島党首 辺野古明記は「とても残念だ」

ブランド品300万円相当が盗難 京都(産経新聞)
女子高生、車内に押し込まれながらも110番 男を逮捕 桶川(産経新聞)
<訃報>みな子姐さん90歳=最後の吉原芸者(毎日新聞)
閣議で「何らかの決定」=普天間移設の政府方針―鳩山首相(時事通信)
社民に連立維持呼び掛け=鳩山首相(時事通信)
[PR]
by rsbzf6mtpb | 2010-06-02 04:30


<< 銀座ロレックス盗、無職男2人を... 桜前線 ようやく稚内に到達 観... >>